組織・沿革

組織・沿革

組織

組織図

法学部研究室図書室組織図

沿革

(より詳細な「沿革」については、「沿革(詳細)」のページでご覧ください。)

年月主な出来事
1885(明治18)年9月「東京法学校」と「東京大学文学部 政治学及び理財学科」が法学部に合併し、現在の法学部の原形が確立。
1923(大正12)年9月9月1日関東大震災。教室の大部分、研究室、事務室および書籍・標本のほとんどを焼失。
1924(大正13)年5月ワッハ文庫、ノイベッカー文庫購入決定。
1927(昭和2)年2月「明治新聞雑誌文庫」設立。
同年3月法学部研究室(法3号館)完成。
同年10月プロイス文庫購入承認。
1929(昭和4)年12月「明治新聞雑誌文庫」が史料編纂所地下に移る。
1934(昭和9)年2月吉野文庫購入決定。(明治新聞雑誌文庫に配架)
1936(昭和11)年6月小野塚喜平次名誉教授より図書寄贈の申し出を受ける。
1944(昭和19)年2月ほとんどの研究室図書を地方に疎開。
1945(昭和20)年10月疎開図書の復元作業実施。
1954(昭和29)年10月「東京大学法学部研究室規程」(以下「研究室規程」)制定。
1963(昭和38)年4月「法学部附属外国法文献センター」が総合図書館4階に新設。
1968(昭和43)年12月医学部研修医問題に端を発した紛争が全学に拡大。
翌年1月まで法学部全教室、研究室、事務室が封鎖される。
1973(昭和48)年11月故我妻教授蔵書約2万冊が寄贈される。(我妻文庫)
1976(昭和51)年3月法3号館屋上増築工事竣工。
1981(昭和56)年4月「明治新聞雑誌文庫」と「原資料部」の2部から構成される「法学部附属近代日本法政史料センター」発足。
1987(昭和62)年3月法4号館完成。
「外国法文献センター」が法4号館2階に移転。
同年4月法制史資料室が法4号館地下1階に移転。
1996(平成8)年5月法学部研究室(図書室)のホームページ「東京大学法学部ライブラリー」開設。
2001(平成13)年3月「東京大学法学部研究室図書室利用規程」(以下「図書室利用規程」)制定。
2004(平成16)年4月国立大学法人化。
法科大学院創設。
総合教育棟完成。総合教育棟の第1自習室に図書資料を備え付け、図書室の一部と定める。
2006(平成18)年4月「外国法文献センター」が「ビジネスロー・比較法政研究センター」に統合。
旧外国法文献センター資料は図書室所蔵となり、「外国法令判例資料室」と改称。
2009(平成21)年3月法4号館地下2階書庫等に空調工事実施。
2011(平成23)年3月3月11日 東日本大震災。約2万冊の資料の落下あり。
2012(平成24)年3月法3号館耐震改修・増築工事竣工。
法3、4号館にまたがっていた図書室が法3号館に集約され、第1自習室の配架資料は「法科大学院図書コーナー」として図書室内に包括された。
同年9月新図書室正式オープン。
2013(平成25)年2月改修後の研究室、図書室の運用に合わせて、「研究室規程」および「図書室利用規程」を大幅に改正。
同年4月法制史資料室に専任スタッフを置かないことになり、閲覧等の業務を図書室に統合。
2014(平成26)年3月法学部研究室図書室のWebサイトをリニューアル。

統計情報

施設

(2012年9月1日現在)

図書室面積4,824平方メートル
棚板延長41,838メートル
収容可能冊数1,162,156冊

奉仕対象者(法学部・法学政治学研究科)

(2019年5月1日現在)

総数2,249人
教職員284人
学生・院生1,965人

資料

図書

蔵書冊数

(2019年3月31日現在)

総数821,281冊
和書290,971冊
洋書530,310冊
年間受入冊数

(2019年3月31日現在)

総数9,668冊
和書4,201冊
洋書5,467冊

雑誌

所蔵雑誌種類数

(2019年3月31日現在)

総種類数6,133 種
和雑誌2,334種
洋雑誌3,799種
年間受入雑誌種類数

(2019年3月31日現在)

総種類数1,396 種
和雑誌683 種
洋雑誌713 種

職員

(2019年4月1日現在)

(明治新聞雑誌文庫を含む、原資料部は除く)

現員数20名
常勤職員12名
非常勤職員8名